西の丸三重櫓特別展

江戸期の城下町彦根 再現シアター プレイバック 城下町彦根

築城から江戸時代にかけての彦根城や城下町をVR(バーチャルリアリティ)を用いて高精細なデジタル技術により再現した映像作品を西の丸三重櫓で上映します。
また、同時に「彦根城と城郭」をテーマにした企画展示も行います。

期間
平成29年3月18日(土)〜12月10日(日)(企画展示は7月9日まで)
場所
彦根城西の丸三重櫓 (彦根城の入場料が必要となります)

展示内容

VRシアター

天下分け目の戦国時代、そんな激動の時代に終止符を打つべく、まさにその「要(かなめ) 」として築城された彦根城。 徳川家康の天下統一に欠かせない重要な役割を持って築城された彦根城を高精細なデジタル技術により再現、歴史的人物のエピソードを織り交ぜてエンタテイメント性の高い作品を上映します。

企画展示「彦根城と城郭」

VRシアターと合わせて「彦根城と城郭」をテーマにした「企画展示」を開催します。彦根城築城までの経緯や、歴史の大きな流れを城郭の変遷と合わせて紹介。また、難攻不落と謳われた彦根城の堅牢なつくりを、他城郭との対比から読み解きます。彦根城だけでなく、戦乱の世を支えた城郭たちも高精細VR映像で再現され、そのつくりや佇まいを臨場感あふれる映像演出で伝えます。城郭VRと合わせ て、城代と井伊家とのかかわりも合わせて紹介していきます。

VR(バーチャルリアリティ)とは

バーチャルリアリティは、現存しない建造物や文物の内部構造など、通常では見ることができない空間の再現や、セキュリティや作品保護の観点から直接公開することができないものを公開することが可能な技術です。